患者さんのストレス発散は看護師に当たる事くらいだから、何を言われても我慢しなさい!と言う師長の発言にはちょっと違和感が・・・。こうやって患者さんの暴言で看護師を続けるのが辛くなるスタッフが後を絶たないのに・・・。

看護をする上で、患者さんとのコミュニケーションって、とても大切な事だと思うんですよね。
私は、患者さんと深く関わる仕事がしたいと思って、外来ではなく病棟勤務を選んだんです。
病棟で働いていると、入院している患者さんと長い時間顔を合わせる事になるので、
もちろん会話を交わす事が多くなりますよね。
それに、患者さんから悩みを相談されたりすると、心を開いて貰う事ができて信頼関係を築く事ができた、
という気分になり、すごく嬉しいんです。
それがあるから看護師の仕事を頑張れる、と思っていたんですよね。
でも、最近は、患者さんとの関わりが怖いと思う事が多くなったんです。

 

患者さんは、病気の痛みや不安、それに入院している事など、心身共にストレスを抱えていますよね。
だから、そのストレスを発散する為に、看護師に八つ当たりしてしまう事があるんです。
それは仕方がない事だと思ってるんですよ。
でも、我慢の限界があります。
患者さんから暴言を吐かれたり、中には蹴られたり手を振り上げられたり、
ここまでくると我慢する事なんてできません。

 

私は、患者さんに暴力を振るわれた事があり、それを師長に相談したんです。
そうしたら、患者さんだから仕方がない、看護師なんだから我慢しなさい、と言われたんです。
この言葉に、すごく違和感を感じてしまいましたね。
患者さんだからと言って、何をしても許されるなんて、それはおかしいと思うんです。
実際に、患者さんの暴言や暴力が原因で、職場を去ってしまう看護師が沢山いるんですよ。
これでは、看護師不足にどんどん拍車がかかってしまいますよね。
何とか対策を取る必要があると思うんですけど、説明しても理解してくれない師長にはがっかりです。